Rockface

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    1. --/--/--(--) --:--:--|
    2. スポンサー広告

    傾くか、傾かないか - GSターンでの内傾角

    今までの記事で、何人ものコーチやスキー教師を紹介してきたけれど、その全員がターンの前半では外スキー荷重で、ターンの適切な場所で適切な外向外傾を作る動きがあるのが良い滑り方だという点で完全に意見が一致している。この2点は現在でもスキーの大原則だ。

    ところで、これらのコーチやスキー教師同士仲良くやっているかというとそうでもなくて、ネット上で直接間接にかなりやり合っていたりする。今回は、Greg Gurshmanによる、Inclination(内傾角)の作り方に関する記事と、それに対するHarald Harbの批判を紹介したいと思う。

    Greg Gurshmanは現役レースコーチで、ワールドカップの技術の記事を良くあげている。他のコーチからはよく「Angulation/Counter(外傾・外向)が無さ過ぎる」と言われる位、外向傾が少ない滑りが特徴だ。そのGregが書いた内傾角の作り方についての記事がある。

    内容は、インクリネーションとはスキーヤの体全体が垂直より次のターンの内側に向かって入ることであるという定義から始まって、ターンの最初で

    • 体の外側は真っ直ぐである。
    • 外足は伸びていて、肩と腰の線が平行に並び、スキーに対して正対。

    であり、骨格を無理なく並べてインクリネーションを取るのが良いとしている。



    また、ちゃんとしたインクリネーションは、ターンの最初の時期に内スキーに乗りすぎてしまう”leaning in(内倒)”とは違う。後者は完全な失敗であり、肩が腰の線よりもより傾いてしまうとそうなってしまうと書いてあるが、逆にこの時点で肩を斜面に平行に保とうとすると、ターンの初期に過剰なアンギュレーションが出て、固まったポジションになってしまうと言っている。

    最新のGSテクニックでは、エッジ角は主に外脚を伸ばすことによって作られ、膝でのアンギュレーションは最小限、あるいは全く無しであるということだ。

    インクリネーションを作る理由としては、重心が短い距離を動くこと、ターンの初期に”エッジロック”で固まってしまうこと無しに、高いエッジ角を滑らかに作っていくことが出来ることとしていて、この動きはJ3(12~13歳)以上のすべてのGSレーサーが身につけるべきだといっている。

    インクリネーションの作り方は下のようになる。


    Extension & Projection

    Extension: 足を伸ばす。前のターンの終わりで次の外脚を伸ばしていく。
    Projection: 重心を次のターンに向けて入れていく。体が前に、スキーの上を通り越して動いていく。

    この2つは同時に起こり、的確に行われれば効率的にスキーの中心に乗りなおすことが出来る。


    Re-centering

    ターンとターンの間でスキーの中心に乗りなおして、ターンの最初に外スキーの先に圧をかけることが必要で、これはどのような切り替えの方法でも同じ。下の写真ではマイヤーが最初の青と次の赤の旗門の間で抱え込み抜重をしているし、その次の青との間ではもう少し立った位置で切り替えているけれど、どちらの場合も外スキーの先に十分な荷重がされている。




    Dynamic Angulation

    アンギュレーション、あるいは”腰からのくの字”が最後のフェーズで行われる。エッジングにおいてインクリネーションを補助する役目で、ターンの最初の部分で的確なインクリネーションがされていないとこれが効果的に行えない。ターンからの力が強まる部分で、エッジのグリップを確保する役目を果たす。力強くターンを終えるために、外脚はターンの丸い部分が終わるまで、伸びたままにすることが重要。アンギュレーションは軽く上体を立て、肩を斜面に平行に近づけることによって行い、大きく腰から「くの字」を作る必要があることは少ない。アンギュレーションの量はスピードとターン弧の半径による。


    ジュニアの多くが、過剰に腰からのアンギュレーションを取った、固まったポジションで滑っていて、これはコーチが”leaning in”(内倒)を直そうとして、肩を平行に保つように指示した結果であることが多いとしている。こうすると、内倒は治るかもしれないが、速くダイナミックなスキーが出来なくなるとの事だ。適切な直し方は、基本のメニューに戻って、バランスを鍛えることと、上に上げられたような個々の技術を発達させること、また、効果的にインクリネーションを使うための感覚をつかませることと締めくくっている。ちなみに他の記事で、ワールドカップのレースでは、このインクリネーションを取るために、原則に反してあえて内スキーに乗るほど傾いたほうが速い状況さえあるとも言っている。

    これに対して元ワールドカップスラローマーのHarald Harbは、Greg Gurshmanの記事はすべて読んで、実際にそれを教えてみたこともあるが、いい結果は得られなかったとした上で、自分のフォーラムで完全に否定的なポストをいくつもしている。GSターンにおけるターン開始について、「ターン初期では圧をかけようとしてはいけない。外向を作るのも早すぎないようにして、浮くようにして通過する。板の上でバランスを取りながら板を傾けて、次に来る圧力に対処するための体勢を作り上げるのがターンの最初1/3でのポイントだ」とあるポストで言っている。

    これはインクリネーションを「とらない」と言っているのでは無くて、「ほとんどの人がインクリネーションをとりすぎているのに、それを教える意味が分からない」「傾くのは誰でも出来るが、適切な外向、外傾をとる動きはトレーニングを繰り返して始めて身に付く」という立場だ。

    確かにパタンと傾くように滑ると内脚に乗ってしまいがちで、外スキーが外れないようにインクリネーションを作るには、極々小さいとしても多少の外傾は必要なことが多い。「適切な外傾」を取った結果インクリネーションが出ているという方が正確なのかもしれない。とはいえ、「最初にインクリネーションを取って後半アンギュレーションするんだよ」というのは、誤解を招きやすいかも知れないけれど、わかりやすいとは思う。

    どちらのアプローチにしても、ターンの初期に外スキーの先が雪に噛むことが大事で、ここで内スキーに乗ってしまっても、外向傾を取りすぎて固まってしまっても駄目だという事は二人とも共通している。

    以前も何度か紹介した元US Ski Teamの男子ヘッドコーチPhil McNicholは、Ski Racing誌の最新のスラローム技術についてのインタビューでインクリネーションのとらせ方について、「私は選手に緩斜面でのレールターンをさせ、綺麗な2本のシュプールを残させる。徐々に急な斜面に移り、2本のシュプールを残したまま、深いターンをスピードをつけてさせるようにする。これをやると相当インクリネーションが出ることになるので、出来るようになったらインクリネーションにより重点を置いて、洗練させていく」と言っている。

    まずは急な斜面で完全にカービングしろという事で、そのためにエッジングのドリルをやるそうだ。スポーツというのは多くの場合、"Just Do It"だね。
    スポンサーサイト

    テーマ:スキー - ジャンル:スポーツ

    1. 2013/04/27(土) 05:49:58|
    2. 未分類
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:1

    スキーパトロール トライアウト

    スキーパトロールという人達がいる。日本にももちろんいると思うけれど、北米ではその多くがボランティアだ。と、言っても、自分用のシーズン券はもちろん、家族や友達の為のリフト券がもらえたり、プロショップでの買い物が半額になったりと、完全に見返りが無いわけでは無くて、結構希望者が多い。

    年に数十日、ただ滑ってるのもなんだなと思って、そのスキーパトロールのトライアウト(入隊テスト)に行ってきた。

    今回はToboggan(負傷者を乗せるソリ)要員の募集で、現役パトロールも混ざってのテスト。スキー場によってシステムは多少違うんだけれど、ここでは現役パトロールでも、Tobogganを扱うためにはこれをパスしなければいけないとの事。


     Toboggan

    朝8:30の集合にはプロとボランティア合わせて30人の希望者が集まった。テストの流れの説明を受けた後、普通は希望者の1/3位しか合格しないと聞かされる。途中で何度か下から足切りされるらしい。サバイバー方式だ。ちなみに滑るのはアルペンでもテレマークでもスノーボードでも良い。

    ゼッケンを付けて9時からテスト開始。ジャッジのベテランパトロール数人が見守る中、最初は整地での横滑り木の葉落としから始まって、中斜面でコブ大回り、その後は急斜面コブ。


     最高の天気

    10時に最初の足切りがあって、番号を呼ばれた人はジャッジから何がいけなかったか言われ、その場でゼッケンを返してさようなら。落ちたら落ちたでいいと思っていたけれど、結構プレッシャーになってきた。ここからもっと急な斜面でコブをひたすら滑って、12時に次の足切り。さらにテストを続ける人だけ名前を呼ばれる。最後まで呼ばれずドキドキしつつ、一応通過。

    昼食を挟んで、急斜面コブをストック無しで滑ったりして…


      パトロールだらけ

    3時にテスト終了。結果は無事合格。最初に聞いた通り、今回も希望者の1/3の10人が合格だった。その後の「ミーティング」では、なぜかピッチャーで地ビールがどんどん出てくる(笑)

    合格者はこれから、Outdoor Emergency Careというアウトドアで怪我の応急処置をするための資格を夏から秋にかけて取り、Toboggan操作のトレーニングを10回以上受けて、パトロールに付いて回って手伝いをして推薦を受けた上で、さらに来年3月にToboggan操作のテストに合格すると、晴れてパトロールになれるらしい。

    スキー技術とは直接関係ないけれど、ちょっと面白いネタなので、こっちの話もたまにしようと思う。

    テーマ:スキー - ジャンル:スポーツ

    1. 2013/04/18(木) 14:53:21|
    2. 北米スキー生活
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    高齢化スキー

    以前に2011年インタースキーのオーストラリアのレポートを紹介したけれど、他の英語圏の国々、ニュージーランドやカナダ、アメリカのSIA組織も詳細なレポートをあげているので、今日はそれを紹介して、日本の部分を訳したいと思う。


    カナダのレポート(リンク切れ)

    Russ Wood

    日本の経済と、若い人間と歳をとった人間が二極化した人口構成は彼らの技術に影響している。日本人は生徒を早く滑らせる為に、出来るだけ簡単な技術のアプローチを生み出した。彼らは体のどこにも角度をつけたがらない。滑るのに必要な筋力が増えるからだ。外スキーがターンを描いていく際、外足首、膝、腰、肩は一緒に回っていき、体に対して真っすぐなラインを保つ(上から見て)この技術は彼らのもっとレベルの高い滑りにも使われており、そこでは内傾角の量と上下半身の分離の欠如がスピードの高さによって上手く働いている。


    カナダのインタースキーのページ どの国が目立っていたか聞かれて(Testimonials)

    Russ Wood

    日本は目立っていたと思う。年老いていく人口構成の為に技術をほとんど100%変えたからだ。彼らのやっている事に100%同意はしないが、とにかく目立つ事は確かだ。


    Warren Jobbitt

    日本人はいつも素晴らしい。技術はかなり他と違っているが、それでも上手く滑る。彼らは簡単に覚えられて、体に優しい技術を見つけようとしている。年老いていくスキーヤーに怪我をさせるような力を発生させる、関節を捻る動きを避けるのが彼らの主な目標だ。



    ニュージーランド 各国のワークショップの紹介ページ(リンク切れ)

    ニュージーランドは日本と同じ時間にワークショップをやった、スロベニア、ドイツ、カナダ、クロアチア、ハンガリーのレポートはしているが、日本のレポートはしていない。



    アメリカのレポート

    Robin Barnes

    日本のチームは絹のような滑らかな正確さで滑った。全体にみて、彼らの動きは、脚を畳む動きと、著しい内傾角をとる事において、韓国に似ていた。韓国ほど急な動きは無かったが。彼らの遅い脚を畳む動きは、主にターンの後半に圧力が高まる結果をもたらしていた。韓国よりエレガントで、しかし力強くないと言えるだろう。

    ローガンが日本のスキーヤーに内傾角をとる事について質問した。答えは日本のスキーの実用的な面を伝える物だった。彼らはレベルの高い滑りにも興味があるとはいえ、スキーはすべての年齢の人の為のスポーツであり、日本人は非常に年長者を尊重する。この内傾角をとる動きは、現代のスキーで見られる外傾をとる為の、関節の可動性に欠ける年配のスキーヤーにとって優しい物であると、日本のチームメンバーは答えた。



    全体に「日本のデモは上手い」というのが評価だし、それはネットの他の場所でもよく見かける。高齢の方の為の、普通とは全く違う技術をやっている、というのもほぼ共通していて、日本のいいたい事はしっかり伝わっているようだ。個人的にはあまりそういう技術には興味がないし、ニュージーランドがクロアチアやハンガリーをレポートしているのに、日本は飛ばしたのもそういう事じゃないかと思う。

    また残念ながら、日本語ではインタースキーのこういうレポートは少なくともネットには出ていない。調べようと思って検索をかけたら、日本は130人!という大人数で行ったという話を見かけたけれど。金あるなー!と、びっくりしたので、もう少し調べたら、多くは自腹で、派遣されたのは30人ちょっとのようだ。それでもSAJの決算書をみると1000万円弱かかったらしい。ちなみにニュージーランドの予算は150万円ほど。海外の組織の効率性が伺える。

    このように、日本のSAJの技術は高齢の方のための物との事で、そのことをふまえて考えると普通と180度違う滑り方も、それが実際に有効かどうかはともかく、納得がいく。このブログではそういう滑り方とは違う、海外のスキーに関する記事を紹介していきたいと思う。

    テーマ:スキー - ジャンル:スポーツ

    1. 2013/04/12(金) 07:40:20|
    2. インタースキーでの日本
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    カナダスキー教程 - 終わりに

    1ヶ月かけて紹介してきたカナダスキー教程。どの段階で何をどう教えるかという事が具体的に書かれていると思う。すべてのレベルで、色々な地形を滑ること、色々な滑り方をすること、さまざまなドリルをやること、そして外スキーのエッジの上でバランスをとることが繰り返し強調されている。

    カナダでは数千人のCSIAスキー教師がCSCF(Canadian Ski Coach Federation)のスキーコーチでもあり、教程のメソッドやドリルの多くも競技から来ているものだ。CSCFが公開しているレーサーのトレーニングのハンドブックでも、5 Skillsとほぼ同じやり方でスキルが分類されていて、それぞれのスキルを磨く、色々なドリルがあげられている。

    www.coach.ca/readResource.php?r=103773


    また、上級編で触れられている意思決定トレーニング(Decision Training)は、スキーの枠組みを超えて、カナダコーチ協会(NCI)でさまざまなスポーツに対して使われている。研究では、13人のコーチ(そのうち4人はその後オリンピックへ。2人はメダル獲得)と彼らがコーチするアスリートに対して1年間の調査を行った結果、従来の細かく指示して常にフィードバックを与え、同じメニューを繰り返す方法に比べ、意思決定トレーニングは即効性では多少劣るが、本番に強いアスリートを作るという結論が出されている。

    http://23361.vws.magma.ca/WOMEN/e/journal/feb2003/print_developing.htm

    http://nickgrantham.com/decision-training/


    さらに、入門、獲得、統合、洗練、創造的多様性の5つの発達のステップも、カルガリー大学でまとめられ、NCIで使われている考え方で、2011のインタースキーでカナダチームによって発表され、アメリカPSIAのデモが紹介したりもしている。

    http://www.thesnowpros.org/.../WE_F11_Interski_Canada_Herrin_LR.pdf


    このように、実際に多くの選手とコーチが長期間にわたってかかわったコーチ法全体の研究がスキーコーチに取り入れられ、さらにそれがスキー教師のメソッドに取り入れられるという形で教程が作られている。

    個人的には人に教えることはほとんど無いので、スキー教師の教授法というのはちょっと興味の対象とは違うんだけれど、読んでいてなるほどと思う部分も多かったし、何よりこれだけのレベルの、日本語で読める体系的にまとめられたスキー技術教授法というのは少なくともネット上には見当たらないので、一定の需要があるだろうと思って訳してみた。

    スキー関係の文章を訳すのには感覚的な部分もあって、そのまま訳したのでは伝わらないだろうという部分は大幅に意訳するざるをえなかったり、状況的に日本とは違うだろうという部分もあった。たとえば頻繁に出てくるTrees(木の間)やSidehills(コース横の斜面)は日本では多くの場合滑走禁止だろうと思う。1ヶ月にわたってすこしづつ訳していったので、訳語が統一されてない部分もあるかもしれない。逆に意識的に同じ単語に違う訳語を当てた部分もある。疑問な点があったら、気軽に該当のページでコメントして欲しい。

    テーマ:スキー - ジャンル:スポーツ

    1. 2013/04/09(火) 06:19:13|
    2. カナダスキー教程
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    カナダスキー教程 - 上級 (ツールボックス)

    前回に引き続き、CSIA教程上級編。今回は具体的なタクティクスが詰まった「ツールボックス」。原書p128から。

    アドバンストツールボックス

    • フリータクティクス: 遊びと、自由な冒険を取り入れる。
    • オールマウンテンタクティクス: さまざまな地形とコンディションを使うことを促す。
    • パフォーマンスタクティクス: 左右のバランスとスキーのカービングの能力を発達させる。


    フリータクティクス:



    自己表現と自主性

    アドバンスからエキスパートのスキーヤーは自主性と、意思決定のスキルを磨かなければならない。フリータクティクスはこのレベルにおける、即興で滑るという要素を発達させるのに大きな役割を果たすことが出来る。山が提供するたくさんの機会を使おう。あらゆるタイプの自然な、あるいは人工のアイテムが存在し、ゲームやドリルも安全性と想像力が許す限り無限に作ることが出来る。


    俊敏さとバランスのためのドリル

    フリータクティクスは毎日のウォームアップとすることも出来るし、セッションの中に取り入れることも出来る。安全が第一だ。適切な運動の課題を選び、Alipine Responsibility Codeを尊重しよう。スロープの横や不整地を滑ったり、今のフォームを一旦忘れる事から、いろいろ学ぶことが出来る。


    タクティクス

    • 内スキーターン - カービング・ずらし
    • 片スキーでの連続ターン
    • バターを塗るような、滑らかなずらしで雪上180(右回りと左回り)
    • スイッチでカービングターン
    • 内手で雪に触る
    • 内側の臀部で雪に触る
    • 小さい、安全なジャンプ
    • 動きを誇張する。腕を振る。


    オールマウンテンタクティクス:



    山は遊び場

    アドバンスト・エキスパートスキーヤーは山のどこにでも行くことが出来る。スキーのスキルと意思決定の力を発達させるために幅広い事に挑戦しよう。教え方の戦略は、状況に大きく依存し、学習の環境に基づいた物になる。


    コンディションによってスタンスを変える。
    パウダーやクラスト、アイスバーンや風に吹かれた雪にはそれぞれ別の難しさがある。刻々と変わる雪面に合わせてスタンスを調整することが必須だ。クラストやアイスバーンでは安定性のために広くコンパクトなスタンスが必要だ。重い雪、荒れた雪面や新雪では狭いスタンスが両スキーを同じ方向に回すのを楽にし、素早さと動きやすさを提供する。変化する雪からの抵抗は前後方向への動きやすさも要求する。抵抗に負けずに両足を前後に押し出してバランスを調節し、スキーの中心に乗り続ける能力を発達させよう。

    タクティクス

    • 誇張した広いスタンスや狭いスタンス。
    • スタンスの幅を滑りながら変える。
    • ターン中に両足を前後に押し出す。

    パウダーや荒れた雪

    深い雪の抵抗は違ったアプローチを必要とさせる。スキーを回しすぎることは、突然大きな抵抗を生み出し、スキーヤーを転ばせてしまう。スムーズで丸いターンは慣性を維持し、雪の抵抗に打ち勝つのを楽にする。両足を雪の中に沈めることで減速しよう。スキーの反発、または圧力のリリースを作り出し、跳ねて体を伸ばすか、高速なら足を体の下にひきつけてターンをつなげていこう。


    タクティクス

    • 屈曲・アバルマンあるいは"沈み抜重"ターン。
    • 伸ばしによるターン。ホップターン。
    • リズムを保ち、一定の幅を使って下りる。


    コントロールと効率性のためにスキーを回す

    色々なコンディションでコントロールと保つためにスキーを回すスキルを磨こう。効果的にスキーを回すことは、スピードと進行方向のコントロールを疲労や無駄な力無しに行うことを意味する。両脚を速く、上半身から独立させて動かすことは急な斜面でのコントロールと良いバランスをもたらす。このときスキーのエッジは立っているが、完全なカービングをしているとは限らない。ストックを突くときにしっかりと上体を入れて、谷スキーの中心でバランスを取るようにしよう。


    タクティクス

    • ストックを突くために下に向かって手を伸ばしていく。
    • ホップターン。確実に脚から回るように。
    • ターンの色々な局面でサイドスリップ。
    • 横滑りからエッジを噛ませて止まる事の繰り返し


    タイミングを磨く

    整地で学んだタイミングは不整地では調整しなければいけないかもしれない。地形を読み、動きのタイミングを合わせる能力を磨こう。凹型の場所を使ってスキーの反応と反発を開発しよう。凸型の地形で抜重とエッジの切り替えを。エッジ角を速くつけていったり、遅くつけていったりすることは、急斜面やコブでの滑りの出来を完全に変えることがある。場合によっては、単にターン弧の形を変えるだけで、求める結果を得ることが出来る。


    アドバンストレベルでのコブ

    アドバンストレベルでのコブでは複数の技術が一つのアプローチで統合される。一部のスキーヤーはコブで自信をもって滑るために、複数のテクニックを同時に使うことが必要になる。どこでターンをすればいいのかわからない為にてこずる人たちも居る。正しいラインを選ぶことは、コブの形に大きく依存している。コブの上を使って進行方向を変えよう。スキーの中央のみが雪に接触しているときに合わせれば、板の向きを変えるのが楽になる。リラックスして、柔らかいスタンスを発達させてショックを吸収しよう。雪とのコンタクトを保持するのがコントロールされた滑りの為に重要だ。溝をさけよう。特にコンディションが悪いときには。溝の中はアイスバーンだったり、石があったりすることが多く、スピードの乗る難しいラインとなる。丸いターンで溝をさけ、良い雪の上に居続けよう。10時と2時の方向からコブに乗り込んでいくのはラインとスピードをコントロールする、もう一つのオプションだ。


    タクティクス

    • コブの中で丸いターンをしてプレッシャーコントロールを発達させる。
    • コブの向こう側に手を伸ばすようにしてストックを突いて安定性を高める。
    • コブの後ろや肩でエッジングして溝を避ける。
    • コブに当たる前に軽く跳ねるようにしてターンを始め、ショックを和らげる。
    • 軽く跳ねるようにしながらスキーを回す。
    • 飛行機ターン。
    • コブの上で足を縮める。


    エキスパートレベルでのコブ

    スピードとスロープの難しさが増すにつれて、滑るアプローチは状況状況に細かく合わせたものになる。臨機応変に対応する能力は距離を滑り込むことによって養われる。真っ直ぐで直接的なラインはスキーヤーをコブの溝に入れることになる。これはよりプレッシャーコントロールを必要とし、正確なタイミングと強い運動能力を要求する。スキーヤーは正確な吸収と上手いタイミングで押さえることで通り道をコントロールする。溝でスキーを押さえることを覚えることはエキサイティングな滑り方を作り出し、コブをジャンプして超える可能性を生み出す。フォールラインでのターン、丸いターン、一つのコブで複数のターンなど、幅広いライン取りをしてみよう。バリエーションを作ろう!


    パフォーマンスタクティクス:



    限界に挑戦する

    速く滑ることは雪との間のしっかりしたグリップを作って、大きく内側にバランスをとることを要求する。これらのダイナミクスは興奮を得られる多くの機会を作り出す。自転車を傾ける場合のように、傾きはスキーのグリップとターンのスピード、及びスキーヤーの身体能力によってだけ規定される。高度な滑りの一部の要素はスピードと身体能力の限界に挑戦することによってのみ発見できる。


    エッジングとプレッシャーコントロール

    ハイパフォーマンスな滑りでは、力を貯めているスキーを土台としてバランスを取る。リラックスして姿勢を高く保ち、ターンの内側でバランスを保とう。沈み込んで荷重するスキーヤーはこの感覚を感じるのが難しくなる。足を畳むことはスキーの圧力をコントロール、または減らしてターンから出て行くとき、重心がクロスオーバーする際に両足を体の下で導くために使う。


    タクティクス

    • 下にではなく、ターンの内側に動いて圧力を作り出すことで、体を畳まず、沈み込まずに滑る。
    • ”曲げて伸びる”ターン。クロスオーバーで体を縮め、ターン中には伸ばす。
    • クロスオーバーで両足を引きつける。




    以上でCSIA教程の紹介は一旦終了。

    テーマ:スキー - ジャンル:スポーツ

    1. 2013/04/03(水) 06:51:55|
    2. カナダスキー教程
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    プロフィール

    Rockface

    Author:Rockface
    コロラド在住
    スキーパトロールはじめました

    最新記事

    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    未分類 (15)
    内脚の使い方 (2)
    カナダスキー教程 (7)
    インタースキーでの日本 (3)
    北米スキー生活 (5)
    北米スキードリル (7)

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。