Rockface

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    1. --/--/--(--) --:--:--|
    2. スポンサー広告

    内足主導スキー???

    基礎スキーというのでは内足荷重で真っすぐ傾いて滑るのが正しいらしい。エクストリームカービングかと思ったら、ワールドカップでもそうやって滑ってるとか言う人がいる。信じがたいので色々調べてみた。

    元全日本ナショナルチームコーチ 塚脇誠氏によれば

    私はオーストリア:ブンデス スポーツアカデミー(サンクリストフ)の主任スキー教師と指導法についてディスカッションしましたので、その内容を一部ここで紹介します。「現在の日本のスキー技術は“内脚主導テクニック”であり、我々の(スキー学校の)生徒さんの殆どが、内脚主導テクニックを重要に捉え、又は目指していた。サンクリストフでは、そのような技術の指導法を指導者に指導しているのか?」と私が質問すると、「我々は今まで通り、ターン運動では外脚がボスで、内脚はアシスタントと捉えている。内脚主導テクニックがもし本当なら、それは由々しき大問題である」と述べ、逆に私の述べた「日本では、内脚主導テクニックを重要に捉えている」事を、はじめは信用してもらえませんでした。

    http://www008.upp.so-net.ne.jp/skilab/art-coarch.html



    Bodeの居た時期にUS Ski Teamの男子ヘッドコーチだったPhil McNicholによれば

    • Transfer weight to the new ski early while still finishing the arc with the turning ski.
    • Use the new ski as a platform to move the hips forward, flex the ankle, and regain balance.
    • Continue to drive the hip forward and down the hill, while maintaining alignment of the hip over the knee and foot of the outside ski.
    •Use your feet independently
    •Concentrate on the outside ski.
    •Always move, never locking into a static position.

    •体重を新しいスキー(山スキー)にまだ前のターンが終わりかけているうちに早く移す。
    •新しい(山)スキーを土台にして、腰を前に動かし、足首を縮め、バランスを取る。
    •腰が外足の膝と腰の上に並んだ状態を保ち、前方、斜面の下、に向かって入れ続ける。
    •両足を別々に使う
    •外スキーに集中する
    •常に動き続ける。固定したポジションに固まらない。

    http://web.mac.com/kvkayak/skiracecoach/Articles/Entries/2010/1/13_“Where_Did_The_Transition_Go”.html
    (Appleのホスティングサービス終了によりリンク切れ)



    別の時期にUS Ski TeamヘッドコーチだったGeorg Capaulによれば

    The advantage in maintaining parallel skis is that it allows the inside ski to work more effectively and in harmony with the dominant outside ski.
    スキーを平行に保つ事のメリットは内スキーがより効率的に、優勢な外スキーと協調して働く事にあります。

    http://web.mac.com/kvkayak/skiracecoach/Articles/Entries/2010/12/12_Alpine_Ski_Racing.html
    (Appleのホスティングサービス終了によりリンク切れ)


    上の記事で例に挙がっている、ロシア人WCコーチGreg Gurshmanによるオーストリアスキー連盟のメソッドの紹介によれば

    During the initiation stage pressure is building up mostly on the outside ski.
    ターン開始のステージでは圧は主に外足にかかってくる。

    http://www.youcanski.com/en/coaching/austrian_coaching.htm


    元カナダナショナルチームのコーチで、現在ワールドチャンピオンも出席したRowmark Ski Academyの校長Olle Larssonによれば

    When the skier separates his or her feet it is necessary to transfer all weight to the new outside ski --- The most common error is that the separation of the feet is too extreme which prevents he racer from transferring the pressure from one outside ski to the next outside ski.
    スキーヤーが広いスタンスを取る時は、すべての荷重を新しい外スキーに移動する事が必要です --- 一番多い間違いは、スタンスを極端に広く取りすぎて前の外スキーから次の外スキーに体重を移動する邪魔になってしまう事です。

    http://www.purgatoryskiteam.org/docs/howtowinRaces.pdf



    アメリカ体育大学の認定コーチMike Hancockによれば

    As we move into the top of the turn and our skis start to move out from under our body, we usually start to incline towards the inside and move more weight onto our inside ski. Generally this develops into what is commonly referred to as a “banked turn”, and on a firm course will usually result in your skis sliding sideways (sometimes taking you with them). To counteract that, level your shoulders to redistribute weight to the outside ski as you flow into the apex of the turn.
    ターンの頂点に入って行き、スキーが体の下から出て行くにつれ、普通だと内側に傾き、内スキーに体重が移って行く事になります。一般にこれは”バンクターン”と呼ばれるターンになり、硬いコースでは通常スキーが横滑りする結果になります(場合によってはあなたを道連れに)。 ターンの頂点に入っていく際に、肩を(地面と)平行にして、体重を外側のスキーに再分配しましょう。

    http://www.modernskiracing.com/FunctionalTension.php



    元US Ski Team準コーチ、元アメリカスキーコーチ協会代表のTom Reynoldsによれば


    In sports of this nature, the rear leg is the dominant leg, tantamount to the outside leg in a ski turn. It is this dominant leg that establishes the foundation of the body and introduces the explosion of the body forward prior to the rotation of the hips.
    このようなスポーツでは後ろ足、スキーのターンでは外足にあたる、が優勢な足となります。この優勢な足が体の土台を築き上げ、爆発的な体の前への動きを腰の回転以前にもたらします。

    http://web.mac.com/kvkayak/skiracecoach/Articles/Entries/2009/10/1_The_Body_Divided.html
    (Appleのホスティングサービス終了によりリンク切れ)



    US Ski team選手でWC10位以内に3回入っているTJ Lanningによれば


    What I would wanna do, instead of just switching and falling down the hill, you actually move into uphill ski, and then almost exaggerate it, like picking… taking away completely off of your old ski, and then building really… building a platform, and then driving everything down the fall line.

    やりたいのは、単純に切り替えて斜面を落ちて行くのではなく、むしろ山スキーに動いていって、それからほとんど大げさに、(荷重を)前のスキーから完全に取り除くような感じで、足場を作ってから、(体)全体をフォールラインに向けて突っ込んでいく(こと)。

    http://www.youtube.com/watch?v=QeLgVnzQQnw&feature=related


    US Ski team 選手でオリンピック金メダリスト、WC勝利11回のTed Ligetyによれば

    Through here you can see I'm trying to stay kind of short with my legs here and then eh, my body is really… faced towards apex of the turn still. And you can see actually my inside ski is even lifted up some, for an outside ski pushing on it pretty hard.

    ここでは僕が足を短く保って見る事が出来ます。体はターンの頂点にまだ向いている。内側のスキーは、外足が非常に強く押されて(踏まれて)いることで実際に少し浮いてますね。

    http://www.youtube.com/watch?v=rqKPUebeL4I&feature=related


    トレノオリンピック24位 全日本スキー技術選手権2位 吉岡大輔氏によれば

    アルペン系の技術について
    ・傾きはなし。ターン後半のタメと板の反動の利用

    Q (参加者=私)「外足荷重というお話だったが、切り替えのところで外足と内足の荷重配分はどのように変化するイメージを持っていますか?」
    A (吉岡選手)「外足9:内足1という意識。

    http://blog.goo.ne.jp/suma_shikao/m/201107


     
    WC3年連続出場 全日本スキー技術選手権29位 大瀧徹也氏によれば

    アルペンGSの時は、重心をみぞおち辺りに意識。長い軸を作り、外足への荷重意識がほとんど。

    http://blog.goo.ne.jp/suma_shikao/m/201107



    やっぱり世界の人はもちろん、日本の競技の人も内足荷重なんて言っていないようだ。あーびっくりした。
    スポンサーサイト

    テーマ:スキー - ジャンル:スポーツ

    1. 2012/04/21(土) 08:21:43|
    2. 未分類
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<ではどう滑るのか? | ホーム |

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://rockface.blog.fc2.com/tb.php/1-62737b3c
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    プロフィール

    Rockface

    Author:Rockface
    コロラド在住
    スキーパトロールはじめました

    最新記事

    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    未分類 (15)
    内脚の使い方 (2)
    カナダスキー教程 (7)
    インタースキーでの日本 (3)
    北米スキー生活 (5)
    北米スキードリル (7)

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。