Rockface

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    1. --/--/--(--) --:--:--|
    2. スポンサー広告

    外向

    突然だけど、上半身をターンの外に向けて、外向を作る主な目的は、外傾を作り重心を外足側に寄せることだ。

    体を外に向けて、上体を立てると、体がくの字になった外傾が作れる。これによって、大きなエッジ角を得つつ、外足に荷重をのせることが出来る。外向無しでこれをやろうとすると、動きのレンジの少ない腰の横側への運動を、小さな筋肉の腹斜筋ですることになるけれど、外向すれば、大きな腹直筋を使った、動きやすい前方への運動が出来る。



    床に座って、上の写真くらい位内脚をたたんで外脚を伸ばす体勢をとった時(もちろん滑りながらでもいいけれど)、外向をとらずに上体を真っ直ぐ前に向けたまま外傾をとると、横腹が非常にきつい、ガチガチのポジションになるのに対して、写真のように少し外向をとるだけで格段に自然な、力強いポジションになるのがわかる。



    上のTedの写真では、切り替えで体がスキーと同じ方向を向いた、"Squared Position=正対"になっている。 そこからターンの頂点に向かって上体の向きはほぼ保たれて、頂点では大きく外向がとられているのが見える。これによって、大きなエッジアングルを得つつ、外足に荷重のかかったバランスのいいポジションを作っているわけだ。

    あまり外向傾をとらないので有名なKalle Palanderも下の写真のように、



    ターンの頂点に向けて上体はほぼ元の角度を保って、内半身が外半身より先に出ている。こうやって内半身がスッと前に出るのは、上手いレーサーに共通に見られる動きだ。ここで外向を保たずに、体ごと回ってしまうと、人間の体の作り的に内脚に乗ってしまうし、多くの場合はエッジ角が足りずにずれてしまう。

    スキーの滑り方に関する他のすべての事と同じように、外向も「適度」が大事だ。そのため、適当なときに適度な量を作る練習として、Javelinと呼ばれるドリルや、



    Pivot Slipと呼ばれるものがよく使われる。




    カービング板でスキーを始めると、倒せば曲がるのでおろそかになりがちだけど、適度な外向が作れると滑りが格段に安定するので、是非抑えておきたいポイントだ。前も紹介したHarald Harbはブログでこういっている

    「外向傾を作る動きはスキーヤーの成長において大事ではない、という人が居るとしたら、その人は世界最高のスキーヤー達がやっていることを見ていないのである。」
    スポンサーサイト

    テーマ:スキー - ジャンル:スポーツ

    1. 2013/02/02(土) 08:37:22|
    2. 未分類
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<適切な外向傾の作り方 - How to skin a cat. | ホーム | 自然に滑る為の不自然な動き>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://rockface.blog.fc2.com/tb.php/11-c9c11780
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    プロフィール

    Rockface

    Author:Rockface
    コロラド在住
    スキーパトロールはじめました

    最新記事

    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    未分類 (15)
    内脚の使い方 (2)
    カナダスキー教程 (7)
    インタースキーでの日本 (3)
    北米スキー生活 (5)
    北米スキードリル (7)

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。