Rockface

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    1. --/--/--(--) --:--:--|
    2. スポンサー広告

    高齢化スキー

    以前に2011年インタースキーのオーストラリアのレポートを紹介したけれど、他の英語圏の国々、ニュージーランドやカナダ、アメリカのSIA組織も詳細なレポートをあげているので、今日はそれを紹介して、日本の部分を訳したいと思う。


    カナダのレポート(リンク切れ)

    Russ Wood

    日本の経済と、若い人間と歳をとった人間が二極化した人口構成は彼らの技術に影響している。日本人は生徒を早く滑らせる為に、出来るだけ簡単な技術のアプローチを生み出した。彼らは体のどこにも角度をつけたがらない。滑るのに必要な筋力が増えるからだ。外スキーがターンを描いていく際、外足首、膝、腰、肩は一緒に回っていき、体に対して真っすぐなラインを保つ(上から見て)この技術は彼らのもっとレベルの高い滑りにも使われており、そこでは内傾角の量と上下半身の分離の欠如がスピードの高さによって上手く働いている。


    カナダのインタースキーのページ どの国が目立っていたか聞かれて(Testimonials)

    Russ Wood

    日本は目立っていたと思う。年老いていく人口構成の為に技術をほとんど100%変えたからだ。彼らのやっている事に100%同意はしないが、とにかく目立つ事は確かだ。


    Warren Jobbitt

    日本人はいつも素晴らしい。技術はかなり他と違っているが、それでも上手く滑る。彼らは簡単に覚えられて、体に優しい技術を見つけようとしている。年老いていくスキーヤーに怪我をさせるような力を発生させる、関節を捻る動きを避けるのが彼らの主な目標だ。



    ニュージーランド 各国のワークショップの紹介ページ(リンク切れ)

    ニュージーランドは日本と同じ時間にワークショップをやった、スロベニア、ドイツ、カナダ、クロアチア、ハンガリーのレポートはしているが、日本のレポートはしていない。



    アメリカのレポート

    Robin Barnes

    日本のチームは絹のような滑らかな正確さで滑った。全体にみて、彼らの動きは、脚を畳む動きと、著しい内傾角をとる事において、韓国に似ていた。韓国ほど急な動きは無かったが。彼らの遅い脚を畳む動きは、主にターンの後半に圧力が高まる結果をもたらしていた。韓国よりエレガントで、しかし力強くないと言えるだろう。

    ローガンが日本のスキーヤーに内傾角をとる事について質問した。答えは日本のスキーの実用的な面を伝える物だった。彼らはレベルの高い滑りにも興味があるとはいえ、スキーはすべての年齢の人の為のスポーツであり、日本人は非常に年長者を尊重する。この内傾角をとる動きは、現代のスキーで見られる外傾をとる為の、関節の可動性に欠ける年配のスキーヤーにとって優しい物であると、日本のチームメンバーは答えた。



    全体に「日本のデモは上手い」というのが評価だし、それはネットの他の場所でもよく見かける。高齢の方の為の、普通とは全く違う技術をやっている、というのもほぼ共通していて、日本のいいたい事はしっかり伝わっているようだ。個人的にはあまりそういう技術には興味がないし、ニュージーランドがクロアチアやハンガリーをレポートしているのに、日本は飛ばしたのもそういう事じゃないかと思う。

    また残念ながら、日本語ではインタースキーのこういうレポートは少なくともネットには出ていない。調べようと思って検索をかけたら、日本は130人!という大人数で行ったという話を見かけたけれど。金あるなー!と、びっくりしたので、もう少し調べたら、多くは自腹で、派遣されたのは30人ちょっとのようだ。それでもSAJの決算書をみると1000万円弱かかったらしい。ちなみにニュージーランドの予算は150万円ほど。海外の組織の効率性が伺える。

    このように、日本のSAJの技術は高齢の方のための物との事で、そのことをふまえて考えると普通と180度違う滑り方も、それが実際に有効かどうかはともかく、納得がいく。このブログではそういう滑り方とは違う、海外のスキーに関する記事を紹介していきたいと思う。
    スポンサーサイト

    テーマ:スキー - ジャンル:スポーツ

    1. 2013/04/12(金) 07:40:20|
    2. インタースキーでの日本
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<スキーパトロール トライアウト | ホーム | カナダスキー教程 - 終わりに>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://rockface.blog.fc2.com/tb.php/24-7ab2bd33
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    プロフィール

    Rockface

    Author:Rockface
    コロラド在住
    スキーパトロールはじめました

    最新記事

    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    未分類 (15)
    内脚の使い方 (2)
    カナダスキー教程 (7)
    インタースキーでの日本 (3)
    北米スキー生活 (5)
    北米スキードリル (7)

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。