Rockface

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    1. --/--/--(--) --:--:--|
    2. スポンサー広告

    言葉の力

    日本語は主語がはっきりせず、あいまいな言語だと言われる事がある。英語は日本語に比べて論理的なんて話も聞いたりする。

    確かに日本語の方があいまいに「しやすい」けれど、英語で主語があいまいな場合もあるし、日本語でも論文を書くときには明快で論理的に書かなければいけないわけで、使い方の問題だと思う。

    ところで、日本のスキー雑誌に連載を持っているという、スキー指導者の人の面白い記事を見かけた。
    http://blog.livedoor.jp/quality_of_life/archives/52043758.html

    「切り替え」が人によって重かったり軽かったりするという話だ。

    「切り替え」というのは「雪に噛み込んでいるエッジを反対側のセットに切り替える」事(及びその辺りの局面)だと思うし、このスキー指導者の人もそのように捉えている。ところが、ここで出てくるデモの人が言っている「切り替え」はエッジ角が緩んでいく局面のようだ。

    ここでUSSAのマニュアルを、$10の元をさらにとるために(笑)引用すると、USSAではターンの局面を次のように分類している。

    turn_phases.jpg


    Initiation - 開始

    Turning - 旋回

    Completion - 終了


    始めて、回って、終わる。実に単純。そして、この終了から次の開始の両方を含めた、ターンとターンの間をTransition=移行としている。これは4番目の局面=フェーズを付け加える物では無くて、選手やコーチが話をする時の為の便宜上の物、のような説明がある。「エッジの切り替え」は「Edge Change」と呼ばれていて、このTransitionでのCompletionとInitiationの間に起こるものだ。

    これらの用語=Terminologyを使って上の記事の話をすると、スキー教師の人が話しているのは、「エッジチェンジではスキーは軽い」という事で、デモの人が話しているのは「旋回期を終わらせて、エッジ角を緩めるターン終了期に入るのはフォールラインが望ましい」ということだ。前者は「エッジの」切り替え、後者は「ターンの局面の」切り替えという事になり、こうしてUSSAの用語に翻訳してみるとまるっきり違う話なのが分かる。

    ところで、この「エッジを緩めるのはフォールラインあたりが良い」というのは、英語圏では割と当たり前に話されていることで、たとえば前にあげたGreg Gurshmanの記事でも、レベルの高いレーサーのシュプールはコンマ型になる、つまり、ターンの前半が丸くなって、後半は直線的に抜けていくという事を言っているし、GSトップレーサー達がフリースキーしている動画を見ても実際に雪が早い段階から飛び始め、全体として横方向に飛んでいるように見える。





    もちろんこれは、カービングで出来るだけ速く滑るときの話で、ある程度以上の斜度になったらInitiationの部分で雪を飛ばしながらカービングするなんて事はどんなに上手い人間でも不可能になるけれど(そもそも圧雪車が入れなくなるし)、なるべく早い段階から素早く次のターンに向けて仕掛けていくという体の動き自体は、超急斜面で体が遅れないようにターンをするときなんかも同じなので、カービング特有のものではなくて、スキーの基礎的な技術でもあると思う。

    「単純な事をありえないくらい複雑にした結果、それを教える事が困難になってしまうのでは意味が無い」と、US Ski Teamの元ヘッドコーチは言っている。確かに、例えば「ターンは早めにしかけて終えろ」という事を、ありえない位複雑な言い方にして、それを教える事が困難になってしまったとしたら意味が無い。USSAのメソッドにも、「Keep It Simple = KIS」とあって、単純明快具体的であることを重視している。同じ事を教えるのでも、わかりにくい言葉で、漠然とした話をするのと、わかりやすい言葉で、具体的な話をするのとでは、結果が全く違ってくるだろうから当然だ。

    なるべくわかりやすい、意味を誤解する余地のない、具体的な用語を使うのは、単純明快で具体的な話をする為の第一歩だね。
    スポンサーサイト

    テーマ:スキー - ジャンル:スポーツ

    1. 2013/10/31(木) 04:32:54|
    2. 未分類
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:2
    <<ずらしの発展 - Pivot系ドリル | ホーム | USSA Alpine Ski Fundamentals I&II>>

    コメント

    いつも大変面白く、楽しく拝見させていただいております。
    英語が不得手な私には、夢のような場所です。
    これからもぜひとも沢山のレポートをお願いします。
    1. 2013/11/12(火) 17:07:55 |
    2. URL |
    3. mat nakamura #-
    4. [ 編集 ]

    ありがとうございます。スキーブログ界のディズニーランドを目指そうと思います。
    1. 2013/11/13(水) 09:26:53 |
    2. URL |
    3. Rockface #-
    4. [ 編集 ]

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://rockface.blog.fc2.com/tb.php/32-919287e6
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    プロフィール

    Rockface

    Author:Rockface
    コロラド在住
    スキーパトロールはじめました

    最新記事

    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    未分類 (15)
    内脚の使い方 (2)
    カナダスキー教程 (7)
    インタースキーでの日本 (3)
    北米スキー生活 (5)
    北米スキードリル (7)

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。