Rockface

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    1. --/--/--(--) --:--:--|
    2. スポンサー広告

    静かな上半身

    スキーの滑り方にはいろいろなスタイルがあるけれど、上手い人に共通している事がある。安定した上半身だ。英語ではQuiet Upper Body とよく言われる。エキスパートの滑りを見ると、板がもの凄く大きく左右に動いてるのに対して、上半身は常に安定している。

    レースをやっている人には当たり前の練習かもしれないけれど、北米のリゾートで朝一番に滑ると、ジュニアのレーサーがこういうドリル(練習)をやっているのを頻繁に見る。



    上半身の安定、上半身下半身の分離、というのは、彼らが最も最初に習う事の一つだ。

    US Ski Teamのレベルでも、下のビデオの最初に出て来るような、ハンドルバー
    (肩幅ほどに切ったストックの左右にグリップを付けたもの)を使って、上半身と手の位置を安定させるドリルや



    上のジュニアのドリルと同じものの一部をよくやっている。



    上半身と下半身を分離して、別の生き物のように使うのは、エッジ角のコントロールの為にも、重心を常に適切な位置に置く為にも必須で、停滞しがちな、”一応パラレルできるレベル”から脱皮して、どこでも速く、安定して滑れるようになるためのコツの一つでもある。良くグリップする板に乗っていればまっすぐ傾むいただけで曲がるけれども、体軸が真っ直ぐのまま思いっきり傾いてガッツリカービングすると、雪の変化に弱いし、安定しないし、腰が痛い(笑)。 上のレーサーの女の子は冒頭でこう言っている。”These drills that you are about to learn keep you safe, just like this netting behind me.” (今からあなたが習うドリルは安全を守ってくれます。ちょうどこの後ろのネットと同じようにね)。確かに、レースでもゲレンデでも、安定した滑り方を身につけた方が安全だね。
    スポンサーサイト

    テーマ:スキー - ジャンル:スポーツ

    1. 2013/01/18(金) 10:16:32|
    2. 未分類
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<自然に滑る為の不自然な動き | ホーム | 今度は体幹主導?>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://rockface.blog.fc2.com/tb.php/9-2aa7da53
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    プロフィール

    Rockface

    Author:Rockface
    コロラド在住
    スキーパトロールはじめました

    最新記事

    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    未分類 (15)
    内脚の使い方 (2)
    カナダスキー教程 (7)
    インタースキーでの日本 (3)
    北米スキー生活 (5)
    北米スキードリル (7)

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。